支援プログラム(行政・企業の方へ)

ホーム > 支援プログラム

アドバンスの支援プログラム

イメージ

様々なことにチャレンジするプロセスの中で、具体的なスキルを身につけてもらいます。

就労継続支援A型

 企業等に就労することが困難な者につき、雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の者下記の対象者に対し、生産活動その他の活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、その他の必要な支援を行います。
【対象者】
企業等に就労することが困難な者であって、雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の者(利用開始時65歳未満の者)。具体的には次のような例が挙げられます。
(1) 就労移行支援事業を利用したが、企業等の雇用に結びつかなかった者
(2) 特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結び付かなかった者
(3) 企業等を離職した者等就労経験のある者で、現に雇用関係がない者

就労継続支援B型

通常の事業所に雇用されることが困難な障害者のうち、通常の事業所に雇用されていた障害者であって、その年齢、心身の状態その他の事情により、引き続き当該事業所に雇用されることが困難となった者、就労移行支援によっても通常の事業所に雇用されるに至らなかった者、その他の通常の事業所に雇用されることが困難な者につき、生産活動その他の活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、その他の必要な支援を行います。
【対象者】
就労移行支援事業等を利用したが一般企業等の雇用に結びつかない者や、一定年齢に達している者などであって、就労の機会などを通じ、生産活動にかかる知識及び能力の向上や維持が期待される者。具体的には次のような例が挙げられます。
(1) 就労経験がある者であって、年齢や体力の面で一般企業に来ようされることが困難となった者
(2) 就労移行支援事業を利用(暫定支給決定での利用を含む)した結果、B型の利用が適当と判断された者
(3) 上記に該当しない者であって、50歳に達している者又は障害基礎年金1級受給者
(4) 上記に該当しない者であって、地域に一般就労の場やA型の事業所による雇用の場が乏しく雇用されること又は就労移行支援事業者が少なく利用することが困難と市区町村が判断した者(平成24年度までの経過措置)

「働けない」障害者が納税者になる

イメージ

障害者の99%は年収200万円以下(障害年金を含む)→ 生活保護受給の必要性(障害のない人の6倍以上)→「働けない」とされている障害者が、雇用されて「労働者」として働くことが出来れば経済的な自立を促すことが出来る。

(※注)『障害のある人の地域生活実態調査の結果(最終報告)「日本の障害の重い人の現実」』きょうされん(2012.10)参照

職業重度判定

障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)(昭和35年法律第123号)
障害者職業センターが判定
障害者雇用率制度でのいわゆるダブルカウントや短時間雇用での雇用率が算定される雇用対策上の重度障害者のことを指す。

福祉制度上の重度判定

身体障害者手帳    1・2級
療育手帳               A判定

単に「重度」というだけでは、本人の能力をはかることは出来ない。一般企業での就労が困難な「重度」障害者でも働ける可能性は十分にある。

業務の受注について

イメージ

※各課が管轄する業務の中から障害者が作業可能な業務を選定して障害者の雇用施策として事業所に業務委託する。
委託される業務の内容・責任については各所管が担当している。